独り言

私達のからだは地球で出来ていて地球に生かされています。ですが私達は「地球は人の所有物であり、人が生きて行くためには何をしても許される」と思い込まされ、自然を穢し放題、生き物殺し放題のやりたい放題をし続けています。自然の摂理に沿った生き方よりも便利快適が優先され、衣食住すべてが自然からかけ離れ、自ら悪しき氣を取り入れて病に苦しんでいます。個人的な願い事を叶えるために人はお参りしたり偶像を拝んだりしていますが、いったい何を拝んでいるのでしょうか。昔から皆がそうしているからそうするものと思い込まされているだけではないでしょうか。それで果して(自己暗示効果以外に)病が良くなるでしょうか。自然環境・生態系を破壊して己の心とからだを傷つけ、自ら進んで病になる・・・この大変な取り違いを改めることなくして決して病はなくならないし、願いが叶うこともないと私は思うのです。何よりもまず私達を生かして下さっている足元の地球を大切にし、自然森羅万象に日々感謝しなければならないのではないでしょうか。土がなけれ皆飢え死にし、水がなければ皆干からびてしまいます。生きとし生けるものみなみな、草・木・虫・獣達も人には出来ない大切な役目を担って生きています。そのお陰で私達も生きていくことが出来ます。なのに私達はその大切な土、水、気を平気で汚し、生き物の命も手当たり次第に奪っています。土、水、気、火、山、川、海、湖、雨、風、雷、岩、草、木、虫、獣、人、それぞれの働きを理解し大切にしましょう。私達のまわりに無限にある他を理解し、他に感謝することで、良き氣がめぐり来て、病も癒されてゆくことでしょう。