漢方診療

東洋医学は西洋医学のように病気を臓器別に分類して診断・治療するのでなく、病気を抱えている人全体を診る医学ですので、自ずと全身の症状を扱うことになります。診察も症状とは一見関係のない舌、お腹、手足、脈などを視診や触診で診ます。つらい症状がありながらどこの科で診てもらっても異常がないと言われるような場合に、東洋医学的な視点から診ると解決策が見出せることがあります。お気軽にご相談下さい(漢方診療も保険診療です)。