発汗・空腹

デトックスは汗、呼気、皮脂、尿などを介して行われます。熱いお湯や温泉に浸かり、体を芯から温めて発汗を促すのもよいでしょう。お風呂の場合はお湯に自然塩やバスソルトを一握り入れると一層効果的です。

摂食時は食物の消化吸収のために胃腸の血流が増大し、その分だけ腎臓や皮膚などの排泄器官の血流が減ります。絶食(空腹)時は逆に胃腸の血流が減り排泄器官や筋肉・脂肪組織などに血液が回され、老廃物の排泄が促されます。

のべつまくなしにおやつを口にする習慣や、一般的に理想とされる1日3食の習慣は、空腹時間が少なく常に胃腸の消化吸収機能が働いている状態で、その分デトックスが進みにくくなり、また消化吸収に多大なエネルギーを費やすため、疲れやすい体になります。

過食飽食の食習慣を元禄時代以前の1日2食に戻すことにより、老廃物や有害物質を溜めにくい体になります。前日の夕食をなるべく夜8時までに済ませ、朝食抜き(水分のみ)にすることで昼食まで16時間以上の空腹状態になり、細胞のオートファジー(自食作用)が進んでデトックスが促されます。

また新月はデトックスが最も働く日とされており、月に一度、新月の日に一日断食をするものよいでしょう。