ペインクリニック

お薬で十分に取れない痛みに対し、主に局所麻酔薬を用いた神経ブロック療法による痛みの治療を行っています(トリガーポイント注射、硬膜外ブロック、星状神経節ブロック、その他の各種神経ブロック)。硬膜外ブロックは帯状疱疹の痛みや椎間板ヘルニアの腰下肢痛・上肢痛などに、星状神経節ブロックは三叉神経痛や顔面神経麻痺などに行っています。当院では神経ブロック療法は補助的な治療手段として位置付けていますが、神経ブロックが最も確実かつ効果的な痛みの治療法となる場合もありますので、お気軽にご相談下さい。