スズメバチ大発生の予兆?

近畿地方は早くも梅雨明けしましたが、今年は梅雨、あったんでしょうか?

6月に入ってから庭にキイロスズメバチを何匹も見掛けるようになりました。必ず3、4匹飛んでいて、カリカリと木の皮を齧っているものもいます。

アシナガバチは毎年軒下に巣を作り、庭の中を餌を求めてふわふわと飛んでいますが、スズメバチは胴体がややずんぐりして大きく、飛び方も直線的で素早いので、容易に見分けられます。

スズメバチが庭にこんなにいるのは初めてのことです。しかも最凶のオオスズメバチに次いで凶暴とされるキイロスズメバチです。うっかり近寄って纏わりつかれたり体当たりされたこともあり、もしかして巣があるのでは?とビビりながら庭木をよく見てみると、ありました、10センチ前後のボール状のスズメバチの巣が2個も!

このまま放置すると巣が大きくなり夏以降大変危険なので、業者さんに頼んで駆除してもらいましたが、その後も庭にスズメバチが・・・

個々の動きを追ってみると、各個体に共通の行動がありました。エアコン室外機横のドレンホース先の水溜まりの水を飲むと、隣家の屋根の角の方に向かって飛んでゆくのです。

飛んで行く先を双眼鏡で覗いてみると、スズメバチが屋根の下の隙間に消えて行きました。そこから出てくるものもいます。どうやらこの隙間の奥にも巣があるようです。

そこの家の方に事情をお話しして、業者さんに屋根裏を見てもらったところ、なんとそこにもスズメバチの巣が2個あったそうです。

この巣が駆除されてようやく庭からスズメバチの姿が消え、平穏な日々が戻りました。

業者さんによると、今年はスズメバチが異常に多いそうです。空梅雨と気温上昇の影響で大量発生しているのかもしれません。半径10mの範囲に4個も巣があったのですから、雨を避けられる営巣に適した場所なら、どこに巣があってもおかしくないでしょう。これから夏に向けて注意が必要です。

因みにアシナガバチはスズメバチに比べておとなしい性格で、飛んでいるアシナガバチに刺されることは滅多になく、殆どは草木や洗濯物などに潜んでいる個体を、知らずにうっかり手で触ってしまったときに刺されるようです。またスズメバチのように巣に近づいただけで集団で襲ってくることも殆どないようです(↓証拠写真)。

スズメバチに限らず蜂に刺された時の対処法は、以下のリンクを参考にされてください。

蜂刺傷(アナフィラキシー)

 

自分らしく生きる

誰でも出来ることと出来ないことがあります。

自分を否定して自分以外の者になろうとすると、段々苦しくなってゆきます。

自分以外の者になろうとせず、自分の良きところを活かす生き方が、楽に進む生き方であり、一番自分らしい自然な生き方ではないでしょうか?

自分を認め、自分らしく生きて、喜び多き道を歩みたいものですね。

網戸の前の棚からチョロがこっちを見ています。ご飯の催促でしょうか・・・

ぶどうはぶどうらしく蔓をのばして網戸の目に絡みつき、

猫は猫らしく網戸で爪とぎし、ご飯を催促します。爪の引っ掛かり具合が最高のようです。

全く悪気のない現行犯の顔(笑)

緑を目にすると、自ずと心が安らぎ、穏やかな気持ちになりますね。

私達は草木から酸素と食べ物を頂いて生きていますが、活きる力も頂いているような気がします。

気持ちが沈んだときは、自然の中に出掛けて緑を目にするのも良い🦆ですね。

 

シェディング対策

接種者からのシェディングに苦しむ人が増えています。シェディング被害者の話では、接種者から獣臭のような生臭い臭い、芳香剤のような甘い臭い、ツーンと鼻を突く臭いなど、独特な異臭が発せられており、この臭いを嗅ぐと症状が現れるとのことで、3回目接種が進む中、接種者からだけでなく、洗濯物や集合住宅の排水口の奥からも異臭が漂い出しているそうです。

シェディングの影響は個人差が大きく、症状も湿疹、咳、胸痛、頭痛、倦怠感、発熱、下痢、出血、関節痛、眠気など人により様々ですが、電磁波と同じで、自覚症状が全くない人も何らかの影響を受けていると考えた方が良さそうです。私自身も3回目追加接種が始まった頃から、外来診療後にしばしば下痢、異様な眠気、疲労感を自覚するようになり、自分なりに以下の対策を講じています。

<毎日摂っているもの> 

・緑茶(新茶)を1日4杯以上

・天然醸造みそのあおさ(ヒトエグサ)のみそ汁(濃いめ)

・梅干し

・くま笹パウダー(食べ物、飲み物に振りかけて)

・松葉ジュース(松葉30~40本/水150~200ccの濃厚なもの)1日2杯

<よく摂っているもの>

・納豆の海苔佃煮(ヒトエグサ佃煮)和え(付属のタレの替わりに海苔佃煮)

・大根おろし

・玄米(米一合あたり自然塩2gを加えて炊く)

・竹炭パウダー(竹虎さんのカプセルが摂りやすいです)

<極力控えているもの>

・揚げ物、スナック菓子、パン、乳製品

<意識的に行っていること>

・適度な運動、熱めの風呂で汗をかく

・太陽光を直に浴びる

・素手で土に触れる(家庭菜園)

・ネガティブな思考・感情に浸らない(気持ちの切り替え)

・よく笑い、楽しく過ごす

<食事&自然療法のみでは不十分な人に>

・NAC(N-アセチルシステイン):500~1000mgを一日1~2回(カプセルも錠剤もかなり大きく、1000㎎錠はありえない大きさです)

・カルテック社My Air(携帯用光触媒空気清浄装置):電車通勤時や職場・学校の閉鎖空間で(小さな音がしますので、授業中はちょっと使いにくいかも?)

シェディング(やワクチン後遺症)の症状には酸化ストレスの関与が示唆されており、抗酸化作用を有する食材や物質が有効ですが、効果を期待するにはかなり多くの量を摂取する必要があるようです。例えば松葉ジュースも「松竹梅デトックス」に書いてある健康維持目的の濃度では薄く、2~3倍濃いものを飲む必要があります。

 

思考操作

4月下旬の時点で、国民の半数以上がコロナワクチンの3回目接種を受けています。2回の接種で酷い目に遭った人も、懲りずに3回目を受けています。

ワクチンは打っていないと言うと、「先生、一度も打ってなくて大丈夫ですか?」と驚かれます。「うちの職員は誰も打ってませんよ」と言うと、さらに驚かれます。

ワクチン後遺症に苦しむ患者さんからそのように言われるので、私の方こそ驚きますし、後遺症の治療が上手くいくとすぐさま追加接種を受けたり、治療を受けながら「4回目はどうしたらいいですかね?」と聞かれ、言葉を失ってしまいます。

メディアにより虚偽を植え付けられ、多くの人が思考を操作されてしまっています。国や専門家が国民を騙すはずがないと妄信した結果です。ワクチン後遺症に苦しむ人が急増しています。接種後の死亡報告が1600件を超えても接種の中止が検討されないなど、どう考えても異常ではないでしょうか?

虚偽報道と異常な情報統制による洗脳が続けられる一方で、内部告発による真相の暴露も始まっています。騙されてきた国民が「遺伝子ワクチンの正体」と「ワクチン推進の真の目的」を知る日もそう遠くないでしょう。

生命を司る仕組み

地球があり、土、水、気があり、土から生まれる草木があって、私たちは生きてゆけます。

生き物が生きてゆけるように、地球から何もかもが無償で与えられています。

私たちの生命は、この仕組みの上に成り立っています。

私たちは生きていることを当たり前のように思っていますが、生きられることは当たり前のことではないということですね。

あって当たり前と思っているものがなくなってゆくとき、私たちはそのことを知ることになるのかもですね。