スズメバチ大発生の予兆?

近畿地方は早くも梅雨明けしましたが、今年は梅雨、あったんでしょうか?

6月に入ってから庭にキイロスズメバチを何匹も見掛けるようになりました。必ず3、4匹飛んでいて、カリカリと木の皮を齧っているものもいます。

アシナガバチは毎年軒下に巣を作り、庭の中を餌を求めてふわふわと飛んでいますが、スズメバチは胴体がややずんぐりして大きく、飛び方も直線的で素早いので、容易に見分けられます。

スズメバチが庭にこんなにいるのは初めてのことです。しかも最凶のオオスズメバチに次いで凶暴とされるキイロスズメバチです。うっかり近寄って纏わりつかれたり体当たりされたこともあり、もしかして巣があるのでは?とビビりながら庭木をよく見てみると、ありました、10センチ前後のボール状のスズメバチの巣が2個も!

このまま放置すると巣が大きくなり夏以降大変危険なので、業者さんに頼んで駆除してもらいましたが、その後も庭にスズメバチが・・・

個々の動きを追ってみると、各個体に共通の行動がありました。エアコン室外機横のドレンホース先の水溜まりの水を飲むと、隣家の屋根の角の方に向かって飛んでゆくのです。

飛んで行く先を双眼鏡で覗いてみると、スズメバチが屋根の下の隙間に消えて行きました。そこから出てくるものもいます。どうやらこの隙間の奥にも巣があるようです。

そこの家の方に事情をお話しして、業者さんに屋根裏を見てもらったところ、なんとそこにもスズメバチの巣が2個あったそうです。

この巣が駆除されてようやく庭からスズメバチの姿が消え、平穏な日々が戻りました。

業者さんによると、今年はスズメバチが異常に多いそうです。空梅雨と気温上昇の影響で大量発生しているのかもしれません。半径10mの範囲に4個も巣があったのですから、雨を避けられる営巣に適した場所なら、どこに巣があってもおかしくないでしょう。これから夏に向けて注意が必要です。

因みにアシナガバチはスズメバチに比べておとなしい性格で、飛んでいるアシナガバチに刺されることは滅多になく、殆どは草木や洗濯物などに潜んでいる個体を、知らずにうっかり手で触ってしまったときに刺されるようです。またスズメバチのように巣に近づいただけで集団で襲ってくることも殆どないようです(↓証拠写真)。

スズメバチに限らず蜂に刺された時の対処法は、以下のリンクを参考にされてください。

蜂刺傷(アナフィラキシー)

 

シェディング対策

接種者からのシェディングに苦しむ人が増えています。シェディング被害者の話では、接種者から獣臭のような生臭い臭い、芳香剤のような甘い臭い、ツーンと鼻を突く臭いなど、独特な異臭が発せられており、この臭いを嗅ぐと症状が現れるとのことで、3回目接種が進む中、接種者からだけでなく、洗濯物や集合住宅の排水口の奥からも異臭が漂い出しているそうです。

シェディングの影響は個人差が大きく、症状も湿疹、咳、胸痛、頭痛、倦怠感、発熱、下痢、出血、関節痛、眠気など人により様々ですが、電磁波と同じで、自覚症状が全くない人も何らかの影響を受けていると考えた方が良さそうです。私自身も3回目追加接種が始まった頃から、外来診療後にしばしば下痢、異様な眠気、疲労感を自覚するようになり、自分なりに以下の対策を講じています。

<毎日摂っているもの> 

・緑茶(新茶)を1日4杯以上

・天然醸造みそのあおさ(ヒトエグサ)のみそ汁(濃いめ)

・梅干し

・くま笹パウダー(食べ物、飲み物に振りかけて)

・松葉ジュース(松葉30~40本/水150~200ccの濃厚なもの)1日2杯

<よく摂っているもの>

・納豆の海苔佃煮(ヒトエグサ佃煮)和え(付属のタレの替わりに海苔佃煮)

・大根おろし

・玄米(米一合あたり自然塩2gを加えて炊く)

・竹炭パウダー(竹虎さんのカプセルが摂りやすいです)

<極力控えているもの>

・揚げ物、スナック菓子、パン、乳製品

<意識的に行っていること>

・適度な運動、熱めの風呂で汗をかく

・太陽光を直に浴びる

・素手で土に触れる(家庭菜園)

・ネガティブな思考・感情に浸らない(気持ちの切り替え)

・よく笑い、楽しく過ごす

<食事&自然療法のみでは不十分な人に>

・NAC(N-アセチルシステイン):500~1000mgを一日1~2回(カプセルも錠剤もかなり大きく、1000㎎錠はありえない大きさです)

・カルテック社My Air(携帯用光触媒空気清浄装置):電車通勤時や職場・学校の閉鎖空間で(小さな音がしますので、授業中はちょっと使いにくいかも?)

シェディング(やワクチン後遺症)の症状には酸化ストレスの関与が示唆されており、抗酸化作用を有する食材や物質が有効ですが、効果を期待するにはかなり多くの量を摂取する必要があるようです。例えば松葉ジュースも「松竹梅デトックス」に書いてある健康維持目的の濃度では薄く、2~3倍濃いものを飲む必要があります。

 

ストレス性疼痛の再発

ワクチン接種後に生じた下肢のストレス性疼痛に対し抗酸化剤(グルタチオン)+漢方薬の投与を行い一旦完全に痛みの消えた人が、その後のワクチン追加接種により再び同じ痛みを訴えています。痛みの消失と共に消えていたストレス状態を示す交感神経過緊張の所見(至陽、太衝、星状神経節の圧痛)も再び出現しています。この痛みの再発は、ストレス性疼痛がワクチン接種により引き起こされている可能性を裏付けるものです。

ワクチン接種後のストレス性疼痛2

2021年10月23日投稿の「ワクチン接種後のストレス性疼痛」の続きです。

コロナワクチン接種により薬物の解毒を担う肝臓に大きなストレスが掛かり、その結果、膝の内側の曲泉というツボ(足の厥陰肝経上のツボ)や臀部から下肢外側にかけて(足の少陽胆経に沿った)頑固なストレス性疼痛が現れ、この痛みには桂枝加芍薬湯+抑肝散が有効と書きましたが、その後の経過観察により、漢方薬による効果はあくまで疼痛の軽減かつ一時的なもので、より根本的な治療には強力な抗酸化物質の大量投与が必要であることが分かりました。

具体的にはグルタチオン注射液1000mgの点滴(成人、体重50kg以上)で、この点滴を数日~一週間間隔で計2~6回行うことにより、下肢のストレス性疼痛は完全に消失し、第7胸椎棘突起直下の「至陽」のツボの圧痛も消失します。点滴の回数は「至陽の圧痛がなくなるまで」を目安にしています。

但しこの抗酸化物質の投与により解毒出来るのはワクチン成分の一部であり、症状の改善をもってワクチンが完全に解毒出来たことにはなりません。投与されたmRNAが分解される前に、誰もが遺伝子の中に持っているLINE1というDNA配列の働き(逆転写活性:RNAからDNAに逆転写される)によりDNAに組み込まれてしまうと、それ自体を取り出すことは不可能と思われます。

またイベルメクチンは新型コロナのみならずワクチン副反応にも有効との記事を時折見掛けますが、湿疹や眩暈など一部の副反応に有効な例はあるものの、ストレス性疼痛には自験例では効果を見出せませんでした。梅の蕾がほころび始めました。

喉痛に桔梗石膏

オミクロン株の感染が急拡大しています。症状は喉風邪ですが、喉痛はかなり激しいようです。喉痛には桔梗石膏が良く効きます。消炎鎮痛剤のように熱を下げてのウイルスに対する免疫反応を弱め、結果的に病気を長引かせてしまうようなこともありません。

日光浴をしましょう!

気温が下がり日差しが弱くなると免疫力が低下しがちです。今の時期、素肌の露出は顔と手だけになりますが、少なくとも週に1~2回は30分くらい日光浴をしましょう。ガラス越しでは十分な効果が得られないので、直に太陽の光を浴びましょう。

太陽光を浴びることにより免疫機能の維持に不可欠なビタミンDが体内で生成され、またミトコンドリアが活性化してエネルギーの産生が活発になり元気になります。ミトコンドリアのパワーアップはビタミンD製剤の摂取では得られないものです。それにサプリは値段が結構しますが、日光浴はタダですし。

また太陽は文字通り最大の陽の氣なので、太陽の氣を浴びることにより心身共に元気になります。実際にやってみてください、本当に元気になりますよ。私自身もかつて冬の寒い時期に微熱が続きしんどかった時、たまたま庭で日向ぼっこをしていると、みるみる元気になり体調が回復していった経験があります。

我が家の猫達も日光浴をしています。まあ、単に寒いからカモですが(笑)

ワクチン接種後のストレス性疼痛

前回の投稿の続きですが、ワクチン接種を受けると、体内に注入されたワクチン成分が身体的ストレスとなり、薬剤の解毒を担う肝臓に大きなストレスとなっているようです。この肝臓のストレスは東洋医学的には肝の緊張(肝氣鬱結)というかたちで現れ、十二経絡のうちの足の少陽胆経、足の厥陰肝経及び手の少陽三焦経上のツボの痛みとして自覚されることがあります。

外来でよく見られるのは、臀部~大腿の痛み(少陽胆経の環跳~風市)、膝の内側の痛み(厥陰肝経の曲泉)、胸の痛み(少陽胆経の日月)、腰の痛み(少陽胆経の京門)、頭痛または後頚部の痛み(少陽胆経の風池)、肘の痛み(少陽三焦経の天井)などです。

これらの痛みが現れる時期は接種当日~数ヶ月後と人によりまちまちで、腰から下肢にかけての痛みや膝の痛みの場合は、無理な運動や肉体労働、階段で躓くなど、何らかのきっかけで発症することも多く、整形外科的な疾患とみなされがちですがそうではありません。このストレス性の痛みには、立っているとお尻から太腿、膝にかけてジーンとしびれるように痛み、横になるとましになるという特徴があります。

またワクチン副反応やシェディングの症状として見られるふらつきやめまいを伴う頭痛は、スパイク蛋白等により生じた頭蓋内血管の微小血栓の症状と思われ、後頚部のツボ(風池)に圧痛を伴うストレス性の頭痛とは区別され、対処法も異なります。ストレス性の痛みには、桂枝加芍薬湯または桂枝加芍薬湯と抑肝散の併用が有効です。

ワクチン接種者でこれらの痛みを自覚していない人でも、第7胸椎棘突起直下(督脈の至陽)を指で押すと、ほぼ例外なく痛みを訴えられます(2021.11.05訂正:痛みのない方もおられることが分かりましたので、「多くの方が痛みを訴えられます」に訂正します)。これは身体が交感神経過緊張状態であることを示すもので、ワクチン接種が大きな身体的ストレスであることを意味しています。

従ってワクチン接種者、とりわけ職域接種や同調圧力により自分の意志に反して接種を受けざるを得なかった方々は、自覚症状の有無や体調の良し悪しに関係なく、免疫力の強化に努め日々デトックスを図ることを強くお勧めいたします。過去の投稿(以下のリンク)を参考にされてください。

同調圧力とストレス反応

「もうワクチン打ちました?」「えっ、まだワクチン打ってないの?」

打つ、打たないは個人の自由であるはずなのに、いつの間にかワクチンは打つものという考えが定着し、打たないことを選択している人はまるで非国民のように扱われています。同調圧力によるストレスは半端でなく、それが原因で体調を崩したり免疫力低下から様々な病気を発症する人も出てきています。非接種者の体調不良は、接種者からのシェディングの影響だけはないようです。

当院はペインクリニックをしているので原因不明の痛みで来院される方も多く、このところストレス反応としての痛みを訴える方が少なくありません。その中でも特に目立つのが、十二経絡のうちの「足の少陽胆経」上のツボの痛みです。具体的には①乳首の下あたり(肋骨部)②腰の第12肋骨の先端③脇腹④右下腹部の盲腸が痛むあたり⑤お尻~太腿の外側のラインなどで、それぞれ少陽胆経上の①日月②京門③滞脈④五枢⑤環跳~風市に一致しています。胸部の痛みは狭心症や肋間神経痛、右下腹部の痛みは盲腸(虫垂炎)、腰臀部・腰下肢の痛みは整形外科疾患等との鑑別をした上で、ストレス反応の痛みとして対処しています。

強いストレスが掛かっているかどうかは、「足の厥陰肝経」に沿った圧痛、特に太衝(足の甲の母趾と第2趾の間のツボ)の圧痛、首の星状神経節の圧痛、第7胸椎棘突起直下(督脈の至陽)の圧痛、胸脇苦満の有無により察することが出来ます。これらはすべて交感神経の過緊張の顕れです。このストレス性の痛みには抑肝散と芍薬甘草湯(長期服用の場合は抑肝散と桂枝加芍薬湯)の併用がよく効き、ストレスの強さや経過の長さによっては完治するまで一ヶ月以上かかることもありますが、最終的にこの処方で殆どの方が改善します。また強い痛みには第7胸椎棘突起直下へのトリガーポイント注射が有効で、効果はあくまで一時的ですが速効性があります。

不思議なことにワクチン接種者にも全く同じ痛みを訴える人がいます。人によって接種当日に痛みが出ることもあれば数か月経ってから出ることもあります。話を聞くと特にストレスを感じている様子でもないのですが、身体所見を取ると厥陰肝経と少陽胆経が緊張(*)しています(少陽胆経のみ緊張の人もいます)。東洋医学的には肝氣鬱結(肝の緊張)であり西洋医学的には交感神経過緊張状態にあるのです。

ワクチンの「審議結果報告書」の16ページに、ラットに投与されたワクチンは主に肝臓、脾臓、副腎、卵巣に行くことが記されています。肝臓は薬を解毒する臓器ですから、体内に入った未知のワクチン成分の処理が肝臓にとって大きな負担となり、身体的ストレスとなって、結果的に交感神経の過緊張を引き起こしているのかも知れません。

(*)ここでいう「緊張」とは、氣の流れが滞っている状態のことで、経絡に沿って押すと痛みがあります。

肉体を大切に

行きたいところに歩いてゆく、痒いところを掻く、食べたいもの食べる、良い香りを嗅ぐ、好きな音楽を聴く、見たい動画を見る・・・どれも普段当たり前にしていることばかりですが、私たちは肉体があればこそしたいことが何でも出来るわけで、自分の肉体を大切に扱う事は何よりも大切ですね。そのためには、害のあるものを肉体に入れることは絶対に避けなければなりません。

健康を守るためには、薬の力に頼らなければならないという誤った考えが刷り込まれていますが、本来肉体に備わている免疫力、自然治癒力が正しく働いていれば、それが最も優れた防御力であり、病気を恐れる必要などないのです。

心が恐怖に支配されると、人は自分の頭で物事を考えられなくなり、真と偽の区別が出来なくなって、数に従うようになります。多くの人が毒をありがたい薬と思い込み、毒に縋るようになるのです。自分は何ゆえ恐れているのか、何を思い込まされているのか、よくよく考えてみる必要があります。世界中で偽装工作、情報操作が行われ続けています。信じられないことが実際に起きているのです。

メリットがデメリットを上回るという話に騙されてはいけません。薬であっても本当に有益なものは肉体に無害なものです。一度毒を入れてしまうと多くの場合、取り返しがつきません。どうか大切な肉体に自ら毒を入れて人生を台無しにされませんように。

日々デトックスを!

自分自身の健康を守るために、ワクチン接種をした人もしていない人も、日々デトックスに努めましょう。今元気な人もこれを怠ると次第に具合が悪くなってゆきます。ワクチン接種を受けた人は免疫力が低下しているので特に熱心に取り組みましょう。気温が下がり風邪が流行り出す前に対策を講じておきましょう。今はなんともないからと無策のままでいると非常に危険です。

  • 汗をかく
  • 太陽の光を浴びる
  • たくさん笑う
  • 不平不満の言葉を少なく、感謝の言葉を多く
  • 空腹時間の確保(間食、過食控える)
  • よく眠る
  • 松葉ジュースまたは松葉茶・松葉エキス
  • 食用の竹炭
  • 自然塩の無添加梅干
  • 新茶の緑茶(新茶は残留農薬が少ない)
  • 甘酒、粕汁、味噌、納豆、日本酒など(5-ALA含有食品)
  • 自然塩(一握り)入りのお風呂
  • 軽い運動(30分ウーキングなど)
  • サプリとして5-ALA(5-アミノレブリン酸)、NAC(N-アセチルシステイン)

苦しみは必要あっての顕れです。苦しみからしか学べないことがあります。すべては必要経緯です。